[PR]

 130年以上続く茶問屋街で知られる木津川市山城町の上狛(かみこま)地区。その歴史を猫の視点で描く演劇「上狛キャッツ」が10月、再上演される。昨年、山城町で開かれた芸術祭「木津川アート2016」で披露され、好評を得たコメディーだ。「リターンズ」と銘打って約1年ぶりに地区で上演し、お茶にゆかりの深い上狛の魅力を発信する。

 主催は、スタッフなどとして木津川アートにかかわった市民らで作る「木津川お茶猫プロジェクト」。代表の福祉施設職員、濱(はま)茂さん(40)も上狛地区を担当したスタッフだった。仲間とアイデアを出し合って誕生させた上狛キャッツを、昨年は地区の小さな倉庫で4回上演。それでも毎回100人以上が詰めかけた。

 上狛では江戸時代末期から、お茶の集荷や加工、木津川の水運を利用した輸出を手がける茶問屋街が発達した。上狛キャッツの舞台は、神戸へ出荷される茶箱が並んでいた「上狛浜」だ。昨年同様、関西を拠点に主に海外で活動している劇団「ガンボ」のほか、市内の劇団や市民有志合わせて約20人が出演する。

 上狛を去ろうとするヤング猫を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら