[PR]

 年末での閉園が決まっている北九州市のスペースワールドは22日、シンボルになっているスペースシャトルの実物大模型を10億円で譲ると発表した。最終日の12月31日に企画する「シャトル花火イリュージョン」の開催に向けた資金集めの一環という。

 実物大模型は高さ約60メートルあり、「ディスカバリー号」を再現している。開園した1990年から設置されているが、当時、建設にかかった金額は不明。閉園後の取り扱いが決まっておらず、10億円に移設運搬の経費は含まれない。広報担当者は「10億円の支援者が現れたら、すごいショーができると思う」と話し、支援を検討する場合は事前に相談して欲しいとしている。

 9月22日で27年の歴史に幕を閉じるまで100日となり、最終日に多くの人と一緒に作り上げる取り組みがしたいと今回のクラウドファンディングを企画。かつて好評だったショーの復活を目指す。ショーはスペースシャトルの模型を背景に、午後6時半と午後8時半の2回を予定、花火や音楽、レーザーで盛り上げる。支援額に応じ当日の鑑賞券(1万2千円)などをおくる。目標額の1500万円は必要経費の約半分で、残りはスペースワールドが負担する。目標を超えた場合は、ショーの演出強化にまわす。クラウドファンディングは11月5日までCAMPFIRE(https://camp-fire.jp別ウインドウで開きます)で受け付ける。(宮野拓也)