[PR]

 今年末に閉園する北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が22日、園のシンボルであるスペースシャトルの実物大模型を10億円で譲ると発表した。

 最終日の12月31日に、かつて人気だった「シャトル花火イリュージョン」を復活する資金を募るクラウドファンディングの一環。目標額は1500万円だ。

 閉園後は活用策もなくお荷物になりそうな模型だが、もし売れれば目標額をはるかに上回る。27年間愛された園のフィナーレを盛大に飾ることができるか。