[PR]

 覚醒剤約100キロを密輸したとして覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた、指定暴力団山口組系元組幹部の魚山恭嗣(70)=大阪市中央区=と、同神戸山口組系元組幹部の藤村誠也(69)=鹿児島県徳之島町=両被告の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は魚山被告に懲役27年、罰金1千万円(求刑懲役30年、罰金1千万円)を、藤村被告に求刑通り懲役25年、罰金1千万円を言い渡した。

 判決によると、2人は昨年2月、東シナ海で国籍不明の船から覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円)を漁船で受け取り、鹿児島県徳之島町に陸揚げして密輸した。

 足立裁判長は、魚山被告が密輸グループのまとめ役で、藤村被告が現場で他の組員らに陸揚げなどを指示したと認定。「密輸された覚醒剤は膨大な量で、極めて悪質」と指摘した。