[PR]

 プロ志望届提出を表明した早稲田実高の清宮幸太郎選手(18)について、同高の和泉実監督は次のように話した。 「彼の決断を尊重し、応援し、後押ししたい。見たまんま、純粋な野球少年。プロは日本のトップの世界だが、それを感じ取って自分の中で消化できる強さは持っていると思う。王さんの後輩であるというのが早実の野球部員のありがたいところ。王さんを身近に感じ、模範にできる。(868本の)数字を清宮が目標としてはっきり言ってくれた。彼もそれを感じているんだと改めて思った」