[PR]

 東京都の小池百合子知事は22日の定例記者会見で、憲法改正について「色々な観点から改正の余地があるのではないか」と述べ、改憲推進の姿勢を示した。一方、安倍晋三首相が掲げ、自民党が衆院選公約に盛り込む方針の憲法9条改正については「9条にスポットが当たると、この国は思考停止する。総合的にみるべきだ」と指摘した。

 小池氏は、若狭勝衆院議員らがつくる新党に参加するかどうかが注目されている。会見で、新党への関与と知事職が両立するか問われると、小池氏は「矛盾するとは考えていない。知事が国政(政党)に関与する例はあった。どのようにするのが、国にとって、都民にとって良いのかを模索したい」と、参加を検討していることを明らかにした。

 小池氏は安倍首相の衆院解散の方針について、改めて「大義がない」と批判。「北朝鮮情勢への対応を国民に問うのは危険過ぎじゃないか」と述べた。(石井潤一郎)