[PR]

 メキシコで19日に起きたマグニチュード(M)7・1の地震で、倒壊した校舎で生存しているとして大規模な救出作業が続けられていた少女が、実際には存在しないことが分かり、メキシコ社会に驚きが広がっている。救出にあたっていた同国海軍の幹部は21日夜、「誤った報告が原因だった」と認め、謝罪した。

 生存しているとされた女児の名は「フリーダ・ソフィア」。メキシコ市南部の学校で多数の生徒が生き埋めになった悲劇の現場から出た生存情報だったため、希望のシンボルとしてメキシコ国内だけでなく世界中から注目を集めていた。

 「倒壊した校舎内に少女がいる」との情報が流れたのは地震発生翌日の20日。救助隊は具体的な救出作戦を発表し、ほかの関係者も報道陣に「子どもは生きている」などと説明。「少女の指が動くのを見た」「ホースで水をあげた」「ほかにも生存者がいる」といった情報が次々と流れた。

 一刻も早く救出しようとクレーンや最新のセンサーが導入されたが、同じ名の生徒が学校にいないことが判明。無事だった生徒、入院している生徒、遺体で発見された生徒ら全員の安否が確認され、少女はそもそも存在しないとわかった。

 落胆と批判の高まりを受け、海…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも