[PR]

 河野太郎外相は訪問先の米ニューヨークで22日午前(日本時間同日夜)、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と国連本部で約20分間会談した。北朝鮮の脅威が深刻化している状況を踏まえ、安全保障分野での協力を進めることで一致。韓国政府が決めた北朝鮮への計800万ドル(約9億円)の人道支援に日本政府は批判的で、会談では改めて今後の北朝鮮政策を日韓両国が緊密に調整していくことを確認した。

 両外相は今月7日、ロシア・ウラジオストクで会談したばかり。21日の日米韓首脳会談にもそろって同席した。日米韓首脳会談では、韓国政府による北朝鮮への人道支援決定に安倍晋三首相が懸念を示し、3カ国が圧力強化路線で連携していくことを再確認した。

 こうした経緯を踏まえ、この日の会談では今後の対北朝鮮政策の具体論を協議。日本側の説明によると、とりわけ安全保障分野での協力の進め方について複数のアイデアを提示し、意見を交わしたという。

 日韓間には日本統治時代に朝鮮…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも