[PR]

(22日、フィギュアスケート・オータム・クラシック)

 男子SP7位の村上大介は4回転サルコーで転倒するなど、ジャンプの着氷が乱れた。フリーを2連続で通して滑る積み重ねをし、「練習しすぎて、ブーツがやられた」という。ただ、靴で言い訳できないと話し、「ダメですね。とにかく。4回転を跳ぶことが絶対な試合だったので。フリーでベストをつくしたい」。

こんなニュースも