[PR]

 鈴木俊一五輪担当相は23日、東京都の小池百合子知事が検討している国政新党への参加について、「国政に関与して、都政が停滞してしまう、なかんずく五輪準備が滞ってしまうことがあれば困る」と述べた。視察先の福島市で、記者団の質問に答えた。

 小池氏は、自身が支援する若狭勝衆院議員らが28日の臨時国会召集前に結成する新党で、何らかの役職に就いて後押しすることを検討。22日の記者会見では「知事でありながら国政に関与する例は他にもあった」と述べている。

 鈴木氏は一方で、「しっかりと(五輪の)準備を進めていただければ、(国政と都政の両立も)それはそれで一つの形ではないか」とも語った。(大久保貴裕)