[PR]

 母との関係に苦しみ、距離を置こうと一歩を踏み出した女性の投稿に、共感や励ましが寄せられています。朝日新聞「ひととき」への反響です。罪悪感にも悩みながら、家族や自分の生き方と向き合う人たちの声を紹介します。(田中陽子)

 広島県の女性(49)は《私の気持ちはおかしいものではないんだ、と気が楽になりました》とメールを寄せた。

 威圧的な父、父に従う母に叱られてばかりで、いつも親の顔色をうかがっていた。ほしい服があっても、透けているから親が嫌がるなどと察し、言えなかった。

 結婚後、実家に関わると吐き気に襲われるようになった。縁を切りたい。一方で、親不孝だろうか、世間や親戚は非難するだろうか、とも考える。「覚悟ができていないんだと思う」と話す女性は、メールの最後に《私は私の人生を生きたい》と記す。

 罪悪感を振り払い、自分の道を進もうとする人もいる。奈良県の女性(59)は、《親不孝者で十分だ。世間が何と言おうと私は私を許そうと思う》と書いた。

 子どものころ、母の気分を損ねると「恥をかかされた」「誰に食べさせてもらってる」と怒られた。実際に食事を抜かれたことも。《私はだめなやつなので、そんなものだと思っていた》。結婚して夫の両親と接し、自分の親のようでない親がいると知った。母と一緒にいるとどうしようもなく苦しくなった。それでも「母が老いたら自分がみなくては」と思っていた。

 4年ほど前、母が入院。車で片…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら