[PR]

 熊本市西区、慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に、この3年間に子を預けた母親29人のうち、少なくとも25人(86%)が、医療機関でなく1人で出産した「孤立出産」だった。大学教授や医師らでつくる市の専門部会が23日、利用実態を公表した。

 公表されたのは、2014年4月~17年3月の状況。それによると、利用した母親は29人。直接または手紙などで状況が確認できた人のうち25人が孤立出産だった。

 ゆりかごは07年5月に開設され、市の専門部会などが2~3年ごとに、利用実態や課題を検証している。孤立出産の割合は、3~6割で推移してきたが、今回は開設当初の3倍近い割合になった。

 専門部会長の山県文治・関西大教授(子ども家庭福祉学)は「出産を誰にも知られたくない母親に対する公的支援が行き届いていないことが原因」とみる。また今回は預けられた子どもに治療が必要だったケースが14件あり、増加傾向にある。「孤立出産の割合が高いことが影響しているのでは」と分析する。

 熊本市の大西一史市長は孤立出産の割合が高くなっていることに関して「母子ともに生命の危険に陥らないよう努める必要がある。熊本市だけでなく日本社会全体の問題として具体的なアクションを起こすよう国への働きかけを続けていく」と話した。(沢田紫門)