[PR]

 バドミントンのダイハツ・ヨネックスオープンの最終日は24日、東京体育館で各種目の決勝があり、女子ダブルスは高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が韓国ペアにストレート勝ちし、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。男子ダブルスで初優勝を狙った井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)はインドネシアペアに、混合ダブルスの保木卓朗(トナミ運輸)、広田彩花(再春館製薬所)組は中国ペアにそれぞれストレートで敗れ、準優勝だった。