[PR]

 23日午前11時ごろ、関西空港を離陸して上昇中の旅客機から機体の一部が落下し、大阪市内を走行中の乗用車に直撃していたことがわかった。乗用車は窓ガラスが割れるなどしたが、運転していた50代の女性ら2人にけがはなかった。国土交通省が24日発表した。

 国交省大阪航空局などによると、旅客機はアムステルダム行きのKLMオランダ航空(ボーイング777型)。23日午前10時40分に離陸し、事故当時は大阪市の上空約2400メートル以上を飛行中だったという。

 落下した部品は、右主翼の付け根部分の胴体パネルの一部(約0・6メートル、約1メートル、重さ約4・3キロ)。乗用車は大阪市北区西天満3丁目を走行中で、部品の直撃を受けて屋根がへこみ、後部の窓ガラスが割れた。

 KLM機は外側から部品が欠落しているのがわかる状態だが、そのまま目的地に向かい、予定通りに着陸した。乗員・乗客計321人にけがはなかった。

 国交省は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに当たると認定。国の運輸安全委員会は航空事故調査官を派遣し、調査を始める方針。