[PR]

 24日午前2時20分ごろ、高松市三名町に住む男性から「泥棒みたいなのがいる」と110番通報があった。香川県警の警察官が駆けつけたところ、住宅に男が侵入しており、家族4人をなたで切りつけていたため、県警が男を強盗致傷の疑いで現行犯逮捕した。

 県警によると、男は契約社員山口寛容疑者(63)。侵入した住宅の隣に住んでいる。山口容疑者は「盗み目的で入ったわけではない」と容疑を一部否認している。県警は殺人未遂容疑も視野に捜査を進めている。

 調べでは、山口容疑者は侵入した住宅に住む男性(34)とその妻(33)、中学1年とみられる長男(12)、小学5年とみられる次男(11)を、自宅から持ってきたなたで切りつけるなどした疑いがある。

 男性は、山口容疑者を家の中で押さえつけ、通報したという。妻は右胸を刺されるなどして、次男は頭の骨を骨折するなどして、ともに全治2カ月の重傷を負った。命に別条はないという。

 現場は住宅街の一角。事件当時は救急車が駆けつけ、一時騒然となった。