[PR]

 広島市の平和記念資料館の入館者数が24日、7千万人を超えた。1955年8月に開館し、60年以上にわたり、原爆の惨禍を伝え続けてきた。現在は本館がリニューアル中だ。

 昨年5月のオバマ米大統領(当時)の訪問で注目度が高まり、昨年度の入館者数は過去最多の約174万人を記録。うち外国人が全体の2割超を占める。

 7千万人目は、8月6日が誕生日という滋賀県草津市の薬剤師平賀智晴さん(41)。「改めて平和をかみしめ、核兵器の悲惨さを家族に伝えたい」