[PR]

 陸上の全日本実業団対抗選手権は24日、最終日が大阪市のヤンマースタジアム長居ほかであり、男子100メートル決勝で山県亮太(セイコー)が自己ベストで日本歴代2位タイの10秒00(追い風0・2メートル)の大会新記録で優勝した。男子100メートルでは、桐生祥秀(東洋大)が今月9日に日本選手初の9秒台となる9秒98の日本新記録を樹立している。

■「100点のレースではなかった」

 男子100メートルで10秒00を記録した山県亮太はレース後の取材で次のように語った。

 「国内のライバルの活躍に刺激を受けながら、どこかでいい記録が出ないかなと思っていて取り組んだ結果、今回自己ベストが出てよかった。(この日のレースは)100点のレースではなかったと思う。残り何点か分の修正を加えて、今シーズン中に(9秒台を)出せればいいと思います」