[PR]

 東京都の小池百合子知事側近らが準備する新党が「小池カラー」を強めている。小池氏と親しい中山恭子・元拉致問題担当相や、自民党の現職副大臣らが相次いで新党参加の意向を表明。事実上の「小池新党」は、衆院選の波乱要因ともなりかねず、既成政党側は警戒する。

 小池氏は24日、東京都内のホテルで中山氏や夫の中山成彬・元文部科学相と会談した。3氏はともに自民に在籍していた当時から保守派として気脈が通じ合う。政策を説明し、新党参加の意向を示す夫妻に、小池氏は「一緒にやれると思う」と述べたという。

 この日は、自民党の福田峰之・…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら