【動画】願いを短冊に書いて紙風船を飛ばす「スカイランタンin塔の島」=矢木隆晴撮影
[PR]

 様々な願いを短冊に書いて紙風船を飛ばす「スカイランタンin塔の島」が24日、京都府宇治市で開かれた。LEDの明かりをつけた高さ50センチのランタン約100個にはヘリウムガスが入れられ、参加者が手を離すと一斉に夜空に浮かび上がった。

 今回が初めての開催で、地元の祭りを作ろうと、JR宇治駅前で飲食店を営む、宇治市出身の江口篤志さん(42)らが企画。近くの立命館宇治高校の生徒がランタン作りを手伝うなど、地元商店街関係者や住民らで作り上げた。祭りには、古くから合戦の現場となった宇治で亡くなった人々への鎮魂の思いと、先祖の供養の意味を込めた。お盆時期に開催予定だったが、天候不良で延期していた。江口さんは「海外の観光客にも日本文化に関心を持ってもらいたい。地元の祭りとして定着させていきたい」と話す。(矢木隆晴)

関連ニュース