[PR]

 追及逃れではないか――。森友学園や加計学園の問題の真相解明が進まないなか、臨時国会での冒頭解散を25日に表明する安倍晋三首相に対し、憤りの声が上がっている。二つの問題をめぐっては、6月の通常国会閉会後も新たな疑惑が浮上。しかし、解散総選挙になれば、解明の機会が選挙後に遠ざかるためだ。

 愛媛県今治市で進む加計学園の獣医学部新設をめぐっては、野党側は学園の加計孝太郎理事長の友人である安倍首相の関与を指摘していた。

 「これまでの国会の議論で、この問題への理解が深まったと感じた人はいない。安倍首相は加計学園理事長との関係を国会で追及されるのがよっぽど嫌なのだろう」。学部新設の経緯について、疑惑を追及してきた地元選出の福田剛県議(民進)は語る。

 首相は加計学園をめぐる問題に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら