愛媛県を訪問中の天皇、皇后両陛下は30日、松山市で開かれた第72回国民体育大会の総合開会式に出席した。1日に剣道競技を観戦するなどし、帰京する。

 県総合運動公園陸上競技場で開かれた式典では、全国から集まった選手団が入場行進。両陛下が拍手を送ったり、手を振ったりして迎えた。宮内庁によると、両陛下は開会式が好天に恵まれたことを「何よりもお喜び」だったという。

 式典に先立ち、約2千人の県民が参加した演舞が披露された。松山ゆかりの小説「坊っちゃん」の登場人物を模した学生服と羽織はかま姿の踊り手らが舞い踊るなど、愛媛の風土を表現した内容で、両陛下は熱心に見守っていた。中村時広知事によると、両陛下は演目に使われた小道具にどのような意味があるのかにも関心を持ち、県幹部の説明に耳を傾けていた。(中田絢子