【動画】技術を生かしたハンドスピナーが人気=斉藤佑介撮影
[PR]

 ストレス解消が目的の玩具「ハンドスピナー」が人気だ。プラスチックや金属などでできた手のひらサイズのプレートを、指でくるくる回すだけだが、なんだか夢中になってしまう人が多いという。高い技術力を持つ町工場やメーカーも開発、販売に乗り出している。

■市販品、多くは中国製

 「何が面白いんだろう。初めはそう思いましたよ」。愛知県小牧市の金属加工会社「シマダ機工」の嶋田吉晃社長(40)は笑う。

 ハンドスピナーは、2本の指で軸を持ち、プレートを指で回転させて遊ぶ。軸部分にベアリングがあり、回転する姿やわずかな振動を楽しむ。市販品の多くが、中国製と言われる。

 シマダ機工は社長ら8人の「町工場」。国内大手自動車メーカーや航空、医療産業の依頼を受けて、高い金属加工技術で必要な部品を試作している。その技術力がハンドスピナー作りにも生かされているという。

 企画と販売を担当するのは入社4年目の技師山田翔太さん(25)。「ハンドスピナーを作りたい」と5月に企画を立ち上げた。終業後に試作を重ね、既製品に多い三角のようなデザインではなく、「女性にも親しまれるかわいいデザインにしたい」と考えた。たどり着いたのが「ネコ」。ネコの手をあしらい、「ハンドスピにゃー」と名付けた。

 「素材の雰囲気と加工技術の高さが伝わる『削り出し感』にこだわった」と山田さん。真鍮(しんちゅう)を削り出したネコの手は丸みを持たせ、細かな模様も入れた。国産のベアリングを使い、回転時間は4~6分。重さ80グラム、長さ71ミリで、子どもにも持ちやすいようにした。

 「国産ハンドスピナー」(58…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら