[PR]

 自民党の福田峰之・内閣府副大臣(衆院比例南関東)は25日、離党届を党幹事長室に提出した。福田氏は10月22日投開票となる方向の衆院選で、東京都の小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員らで作る新党からの立候補を表明している。

 福田氏は離党届の提出後、記者団に「政策を実際に実現するには議員になることが極めて重要。批判を受けても議員になって、これからやるべき、自分が果たさなくてはならない道を取った」と述べ、自民党では次の衆院選での当選が見込めないことが離党の理由であることをにじませた。

 自民党は離党届を受理するかどうか、今後対応を検討する。

こんなニュースも