[PR]

 高知県北川村の山中で23日午後3時半ごろ、高さ約70メートルの上空を飛行中だった中日本航空(本社・愛知県)のヘリコプターから、運搬中の石材(直径約5~25センチ、計約2・7トン)が落下した。けが人はなかったが、国土交通省は24日、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに当たると発表。国の運輸安全委員会も同日、航空事故調査官2人を現地に派遣した。

 国交省航空局によると、ヘリは23日午後3時ごろ、北川村内の場外離着陸場を離陸。ワイヤでつり下げる容器で、石材を運搬していた。ヘリには操縦士ら2人が搭乗していたという。