[PR]

 東京都の小池百合子知事が支援する新党に合流する民進党の松原仁(じん)・元国家公安委員長(衆院比例東京、当選6回)は25日午前、党本部へ離党届を出した。離党の理由について、松原氏は「政党は山のようなもの。民進党という山はきれいな山だが、新党は活火山としてのダイナミズムを持っている。今の日本の政治を変えるには政党のダイナミズムが必要だ」などと記者団に述べた。

 松原氏はさらに、「柔軟かつ大胆なダイナミズムが政治に求められ、その期待が国民の中にはあるが受け皿がない」と主張し、「小池新党」に合流する理由を説明した。

 その後の記者会見で松原氏は、新党入りについて「交渉直前の状況だが、受け入れていただけるだろうと思っている。小池さんとは拉致問題で一緒に取り組んできた同志であり、日本の人権問題で戦ってきた同志として信頼している。受け入れていただけるだろうと思っている」と語った。

こんなニュースも