[PR]

 千葉県松戸市のベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が3月下旬に殺害されて半年が経つ。両親が通訳を介して朝日新聞の取材に応じ、なお癒えない胸の内を明かした。

 「目を閉じると、今も娘が『助けて、助けて』と呼ぶ声が聞こえる」

 母のグエン・ティ・グエンさん(31)は松戸市の自宅で、声を詰まらせた。祭壇には家族で東京タワーに行った時に撮った笑顔のリンさんの写真。「この家には娘の思い出があふれている。苦しい」。夕方、下校する小学生の声が聞こえる度に娘を思い出すという。

 「家族思いの子だった」とグエンさん。古くなった靴を買い替えようと言っても、リンさんは「まだ使えるから」と気遣った。行方不明になった時も、その靴を履いていた。

 3歳で来日したリンさん。ベト…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら