[PR]

 警視庁板橋署は25日、同署の留置場で勾留中だった男性(46)が、同部屋に勾留されていた男(32)=器物損壊罪で起訴=から頭を踏みつけられるなどの暴行を受けて、その後死亡したと発表した。

 署によると、暴行があったのは4日午後1時20分ごろ。巡回中の署員がすぐに発見し、署は男性の頭などに3カ月の重傷を負わせたとして男を傷害容疑で現行犯逮捕。男性は意識不明の状態で搬送され、24日に死亡した。

 署は男を8月20日に器物損壊容疑で逮捕。男の言動などから、医師に意見を聴いたうえで通常通り3人の相部屋に勾留する判断をしていた。暴行があったのは、1人が取り調べのため留置場を出て、男と男性の2人になった時だったという。署は傷害致死容疑に切り替えるとともに、男の責任能力の有無を調べる。