[PR]

 日本でもなじみの深い紅茶の産地、インドのダージリンで茶園労働者のストライキが長期化し、紅茶産業を直撃している。ダージリンは飲めなくなる?

 「6~9月には毎年約50トンの収穫があるのに、今年はほぼゼロ。生産再開はほぼあきらめています」。ダージリンで茶園を経営し、日本や米国などにも輸出しているリシ・サリアさん(40)は嘆く。この時期は、「セカンドフラッシュ」と呼ばれ、高価で売れる夏摘みの茶葉の収穫期。「タイミングが悪すぎた」という。

 インド東部、ヒマラヤ山麓(さんろく)のダージリン地方で大規模なストライキが始まったのは6月。発端は、地元政府と住民の対立だ。

 ダージリンのある西ベンガル州…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら