[PR]

 沖縄には、二つの違う豚肉があるんだ。知ってる? 正解は「ポーク」と「ブタ」なんだよ。

 ポークは、豚肉をミンチにしてラードで固め、缶詰にしたランチョンミートのこと。元は米軍の野戦食で、戦争で荒廃した沖縄に大量に放出されたらしいね。沖縄出身で、食べたことがない人はいないでしょう。

 僕は石垣島の生まれだけど、昭和30年代には島にスーパーなんてなくてね。普通の住宅が駄菓子とか食料品を置いていて、ポークがない店はなかった。共働きが多い沖縄では、簡単に調理できるのがよかったんだろう。冷蔵庫もないから保存も楽だしね。弁当の定番は、厚切りで濃いめに焼いたポークに卵焼き。チャンプルーに入れる肉もポーク。うまかったなぁ。僕の肉の原体験は、何といってもポークだね。

 今でも、沖縄の人は普段食べるのは普通の豚肉よりポークでしょ。一番の県民食だよね。一度覚えた味は忘れられないんだね。

 沖縄本島の高校に入って、ボク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも