[PR]

 東京などで高級ホテルを展開するパレスホテルが、大阪市の中心部に進出を検討していることが分かった。東京五輪のある2020年の開業をめざしている。大阪都心部では訪日客の増加を背景に、高級ホテルの開発が相次いでいる。

 歓楽街・北新地に近い大阪市北区で、関電不動産開発が建設するビルに入居する計画だ。ビルの敷地面積は約1600平方メートルで、地上17階・地下1階建て。1~13階に宿泊特化型のホテル(約200室)が入り、高層階は富裕層向けの賃貸マンション(30戸)となる。同社の担当者は、「パレスホテルを含め国内外の複数社と交渉している」という。

 周辺では外資系高級ホテル「コンラッド大阪」が6月に開業。旧堂島ホテルの跡地でも外資系の高級ホテルを誘致する計画があり、パレスホテルが参入すれば競争が一段と激しくなりそうだ。

 パレスホテルは東京・丸の内の皇居前にある「パレスホテル東京」など東京を中心に関東で五つのホテルを運営しており、大阪に進出すれば西日本初となる。(中島嘉克、近藤郷平)

こんなニュースも