[PR]

 京都府警は25日、向日町署(同府向日市)の留置場で勾留中の男性被告(40)=常習累犯窃盗罪で公判中=が首をつった状態で見つかり、死亡したと発表した。署は自殺とみている。

 署によると、25日午前6時20分ごろ、ひも状にした布を窓の金網にくくりつけ、男性が座った状態で首をつっているのを巡回中の署員が発見。搬送先の病院で死亡が確認された。午前6時10分ごろに巡回した際に異状はなかったという。

 西村英明副署長は「管理態勢に問題は無かったと考えている。原因を分析し、再発防止に努める」としている。