【動画】次期衆院選に出馬しない意向を表明する上西小百合衆院議員
[PR]

 衆院議員で無所属の上西小百合氏(34)=比例近畿=は25日、国会内で記者会見し、次期衆院選に出馬しない意向を表明した。上西氏は「野党共闘統一候補として、現職の私が立つという気持ちでいたが、環境を整えることができなかった」と述べた。今後も政治活動は続け、国政復帰を目指すという。

 上西氏は「選挙になぜ出馬しないかといえば、それは勝てないから、負けるから選挙に出ないということです」ときっぱり。今後の活動については「タレントに近いような活動をすることもあるかと思うが、次国会に戻ってくる時には存在感、発信力、知名度は維持しないといけない。それを見据えた上で、女優という道はないと思いますけど、様々な活動をしていきたい」と語った。

 上西氏は、2012年の衆院選で日本維新の会(当時)から大阪7区で立候補し、比例復活で初当選。2期連続で比例復活当選した。一部で「浪速のエリカ様」の異名で呼ばれた。15年4月に体調不良を理由に国会を欠席した前日に居酒屋に行っていたことが発覚。当時所属していた維新の党から除名処分を受け、その後は無所属で活動していた。(毛利光輝、高橋雄大)

関連ニュース