[PR]

 自民党の高村正彦副総裁(75)は25日、「体力の限界だ」として、10月22日投開票の衆院選に立候補せず、政界を引退する意向を記者団に表明した。後継として、長男で秘書の正大(まさひろ)氏(46)が山口1区から立候補する見通し。

 高村氏は25日、安倍晋三首相に引退の意向を伝えた。首相は「憲法をやって欲しい」と慰留。高村氏が「(議員)バッジを外しても憲法は100%お手伝いする」と応じると、首相も了承したという。

 高村氏は1980年に初当選。外相や防衛相などを歴任した。安倍首相が党総裁に復帰した12年9月以降、一貫して党副総裁を務め、集団的自衛権の行使を認める憲法解釈変更や安全保障法制を取りまとめた。最近も憲法改正や首相特使としてのイラン訪問など、党重鎮として首相を支えてきた。

 一方、前立腺がんで入院するなど、ここ数年は体調に不安を抱えていた。

 後継となる見通しの正大氏は慶応大卒。経済企画庁長官秘書官や外務大臣秘書官を務めた。正大氏は朝日新聞の取材に「精いっぱい山口県や国のために頑張りたい」と話した。

こんなニュースも