[PR]

 超党派のスポーツ議員連盟(会長・麻生太郎副総理兼財務相)が、東京五輪の開会式がある2020年7月24日を特例として祝日にする祝日法改正案に、開会式前日の7月23日と、閉会式翌日の8月10日も特例で祝日にするよう盛り込む検討に入った。議連幹事長の遠藤利明・元五輪担当相が25日、大会組織委員会の理事会で報告した。

 開閉会式に出席する要人の移動に大規模な交通規制が必要で、混雑緩和のために通勤・通学などを抑えられる祝日にする。7月23日は「海の日」(7月第3月曜日)、8月10日は「山の日」(8月11日)を移す案が有力。7月24日は「体育の日」(10月第2月曜日)を「スポーツの日」に改称したうえで移す方向だ。いずれも、20年の1年限り。

 議連は8月末、改正案などを来年の通常国会に提出する方針を確認。政府も理解を示しており、成立する公算が大きい。

 12年のロンドン五輪の開会式…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら