[PR]

 北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は25日午前(日本時間25日深夜)、滞在先の米ニューヨークで記者団に対し、トランプ米大統領の最近の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長への批判について「明白な宣戦布告」と見なすとの声明を発表した。「(北朝鮮は)今後、米国の戦略爆撃機が我が国の領空に入っていなくても、撃墜を含むあらゆる自衛的な対応を取る権利がある」と述べた。

 米国防総省は23日、米空軍の戦略爆撃機B1Bが北朝鮮の東側の国際空域を飛行したことを明らかにし、米国のあらゆる戦闘機や爆撃機の中で「今世紀で最も北まで飛行した」と発表した。米国が同様の飛行をした場合、北朝鮮が軍事行動を取る権利があると威嚇したものとみられる。

 李氏は、トランプ氏が23日、正恩氏を再び「小さなロケットマン」と呼んで揶揄(やゆ)し、「彼らは長くないだろう」とツイッターで批判したことを念頭に、「米国の現職大統領が述べた話であり、これは明白な宣戦布告になる」と断定。その上で「トランプ氏の宣戦布告に対処して、あらゆる選択肢が我が国の最高指導部の作戦テーブルにおかれるだろう」と語った。

 李氏は国連総会に参加するためニューヨークを訪問していた。25日午後、北京経由で帰国の途につく。(ニューヨーク=武田肇