[PR]

 安倍晋三首相は25日夜に出演したテレビ朝日の報道番組で、北朝鮮の核・ミサイル問題について、衆院選期間中は菅義偉官房長官と小野寺五典防衛相が東京都内にとどまって対応する方針を示した。首相自身は、都外に選挙応援に出向くといい、「北朝鮮の危機管理状況は、私が地方に行き、外国に出張している間も万全の態勢をとっている」と強調した。

 首相は、衆院解散で政治空白が生じるとの指摘について、「政府に空白はない。政府は24時間365日、北朝鮮の挑発に対応している。選挙を行っている期間も政府の対応には一分の隙もない。危機管理に万全を期していきたい」と述べた。