[PR]

 25日午後9時20分ごろ、山陽新幹線の新下関駅(山口県下関市)で信号トラブルが発生し、広島―博多駅間の上下線で運転を見合わせた。見合わせ区間は岡山―博多駅間に広がったが、約2時間20分後に運転を再開した。JR西日本によると、上下線25本で最大約2時間半遅れ、約4100人に影響が出た。

 JR西は、終電が終了し目的地に着けない乗客のため、博多駅で新幹線の車両を宿泊用に開放した。