[PR]

 東京都立高校1年の男子生徒(当時16)が2015年に自殺したことを巡り、都教育委員会は26日、男子生徒に対するいじめの有無について「あったと判断することは極めて困難」などとする調査結果を公表した。遺族は結果を不服として都知事による再調査を求めた。

 都教委などによると、男子生徒は15年9月、山梨県内の駅で列車にはねられて死亡。16年1月から、大学教授らでつくる都教委のいじめ問題対策委員会が、男子生徒に対するいじめの有無などを調べていた。1年8カ月に及ぶ保護者や生徒、教員らへの聞き取りなどの結果、いじめに該当する行為を認定できなかったという。

 遺族は、生徒の携帯電話に残されたネット上のやり取りなどに「いじめが疑われる記載があった」などと訴え、都教委に十分な調査を求めていた。

 生徒の母親は記者会見し、「本当に落胆、失望した。この報告書はとても息子にみせてやることはできない。学校や教委の対応に問題点がたくさんある。調査は不十分であり、検証し直すべきだ」と語った。都知事に対し、より範囲を広げた調査などを求めたという。