[PR]

 タイ北部・チェンマイで孤児院「バーンロムサイ」を支援するNPO法人「バーンロムサイジャパン」(神奈川県逗子市)が、タイ北部の伝統技法などを使った小物や洋服の展示販売会を山形市のギャラリーで開いている。売り上げは、HIV(エイズウイルス)に母子感染した孤児たちが暮らすタイの施設の運営費になる。

 刺繡(ししゅう)やビーズがちりばめられたポーチや、シンプルなデザインのシャツ。少数民族の伝統技法を用いたものもあり、NPO法人のオリジナルだ。

 孤児院はHIVに母子感染した孤児の生活施設として1999年に開園。現在は29人が暮らしている。また、製作工房を立ち上げ、地域の人たちを雇い、製品を作っている。収益を施設の運営費に充てている。

 今回は、東北芸術工科大の宮本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら