[PR]

 タイのインラック前首相(50)が在任中のコメ政策で国家財政に巨額の損失を与えたとして、職務怠慢の罪などに問われた裁判の判決公判が27日、最高裁判所で開かれる。判決は当初、先月25日に予定されていたが、本人が出廷しなかったため延期されていた。インラック氏は国外に逃亡しており、本人不在のまま厳しい判決が下されるとの見方が強まっている。

 インラック氏は判決直前の先月23日夜にタイ東部からカンボジアに抜け、中東のドバイで兄のタクシン元首相と合流したと見られている。タイの警察当局は今月21日、逃亡に関与したとみられる警察官3人の事情聴取を開始。うち1人はインラック氏を車でカンボジア国境付近まで送り、別の車に引き渡したことを認めているという。

 タイのプラユット暫定首相は26日、インラック氏の居場所を「知っている」と記者団に発言。ただ、27日の判決が出るまでは明らかにしないとした。

 同じく国外で逃亡生活を続ける…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも