[PR]

 四国キヨスクが、JR四国の車両をモチーフにした子ども用靴下「鉄下」の販売を始めた。四国各駅のキヨスクの店舗などで買うことができ、鉄道好きの子どもたちの人気を集めそうだ。

 「鉄下」は、鉄道グッズを製造する大阪市の立誠社が既に全国各地の新幹線や在来線をモデルにしたものを作っている。今回は立誠社と、同じく鉄道グッズを企画・販売する松山市のしおかぜ堂が共同開発した。

 ラインアップはマリンライナーやしおかぜ、いしづちといったおなじみの車両のほか、伊予灘ものがたり、四国まんなか千年ものがたりなどの観光列車、初代新幹線の0系をイメージした鉄道ホビートレインなど計8種類。四国キヨスクの担当者は「家族旅行の思い出作りになってくれればうれしい」と話す。

 サイズは16~20センチで、対象年齢は幼稚園の年少から小学校低学年まで。価格はいずれも432円(税込み)。JR四国の駅にあるセブン―イレブンKioskやキヨスクのほか、しおかぜ堂で買うことができる。