[PR]

 「時間の猶予はない。遠くない時期に判断したい」。民進の前原誠司代表は26日の常任幹事会で、衆院選での野党連携に対する考えを示し、「どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる」と語った。

 小池新党の参入で、1人しか当選しない小選挙区では候補者の乱立が避けられない。前原氏は「(与党との)1対1の構図に持ち込む」戦略を描く。小池氏と接触する機会を探る一方で、自由党との合流も検討課題に挙げる。

 ただ、小池氏側は民進との連携に否定的だ。自由の小沢一郎代表が民進入りすることにも、民進内には「賛否両論ある」(民進幹部)といい、先行きは見通せない。

 与党側も危機感を募らせる。2…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも