[PR]

 森友学園と加計学園の問題をそれぞれ追及してきた市民団体メンバーが26日、大阪府豊中市で会見し、両学園をめぐる疑惑の追及に共同して取り組む考えを示した。「森友学園問題を考える会」の木村真・豊中市議は「モリカケ隠しの解散だ。問題をうやむやにさせない」と述べた。

 両者が共同で活動していく検討を進める中、安倍晋三首相が衆院解散を表明したため、会見を繰り上げたという。会見場所には森友学園が小学校開設を目指した国有地前を選んだ。

 木村氏は「報道で決定的証拠が出てきている中、敵前逃亡の解散だ」と批判。「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏は「(愛媛県)今治市が補助金を支出するのはおかしいし、加計孝太郎氏は市民の前で一度も説明していない」と指摘。来月中にも、今治市長や加計氏らを背任や詐欺容疑などで告発する方針という。