[PR]

 韓国外交省報道官は26日、「日本政府の責任ある閣僚が最近、仮定の状況を前提に、北の難民について偏狭な発言をしたことは、国粋主義的な認識を基礎にしたもので、難民保護に関する国際規範にも合わず、極めて遺憾だ」とする声明を発表した。

 麻生太郎副総理が23日の講演で、朝鮮半島からの難民の発生について「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語ったことを指した論評とみられる。

 声明は「最近の韓(朝鮮)半島の状況と関連し、不必要な誤解を招き、韓半島の平和と安全に否定的な影響を及ぼしうる言及を自制することを強く求める」とした。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも