【動画】日本人初の女性F1ドライバーを目指す野田樹潤さん
[PR]

日本人女性初のF1レーサーをめざす小学6年生 野田樹潤(じゅじゅ)さん(11)

 マシンのハンドルを握る多くは男性たち。その中に身長145センチ体重30キロの体で交ざり、フォーミュラカーレースの最高峰F1の登竜門にあたるF4で走る。

 デビュー戦となった今春の17歳以下の開幕戦で優勝。練習拠点の岡山県内のサーキットで、F4のコース記録をたたき出した。「乗っている時のスピード感が好き」

 元F1レーサーの父英樹さんの影響で、3歳でカートに乗り始めた。まだ小6だが、「車の状態を感じ、その力を感覚的に引き出せる」と父。走行中、無線マイクで「ここからが大事」と声が飛ぶ。

 最高時速240キロ。体重の3倍以上の力がかかる。昨秋、コース脇に突っ込む事故で入院した。「初めて怖いと思ったけれど、やめたいとは思わなかった」

 昨年ミキハウスとスポンサー契約を結び、今年6月には後援会もできた。「天才小学生レーサー」としてテレビで取り上げられ、お笑いコンビのオリエンタルラジオと映画のイベントに登壇したこともある。レーサー名は「Juju」。日本人女性初のF1レーサーとして優勝するのが目標だ。

 岡山県内の小学校で男女6人の複式学級で学ぶ。運動会のリレーで転んだ時は、悔しくて泣いた。するめいかが好物で、趣味は料理。でも、「本業はレーサーなの」。14日にもレースに挑む。(円山史)