[PR]

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラム(WEF)は27日付で今年の世界競争力ランキングを発表し、日本は昨年から順位を一つ下げ、9位に落ちた。

 世界137の国や地域での比較で、1位は9年連続でスイス。以下、2位米国、3位シンガポール、4位オランダ、5位ドイツ、6位香港、7位スウェーデン、8位英国、10位はフィンランドで、多少の順位の入れ替わりはあったが顔ぶれは変わらなかった。最下位はイエメンだった。

 アジアの主な国や地域では、台湾が15位、マレーシアが23位、韓国26位、中国27位、タイ32位、インドネシア36位、インド40位だった。

 日本について評価が高かったの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも