[PR]

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は26日の講演で、最近の物価の低迷は「おそらく一時的」として、緩やかな利上げを続けるのが適切との見方を示した。

 イエレン氏は主な不透明要素として、雇用環境が改善しているにもかかわらず低迷する物価上昇率を挙げた。イエレン氏は「労働市場の強さを見誤ったかもしれない」としたうえで、物価が「年2%」の目標を下回り続ければ、先行きの政策金利が低くなり、FRBの信頼性も損ねうると懸念を示した。ただ、物価が急に上がる可能性もあるとして、「物価が2%に戻るまで金融政策を動かさないのは無分別だ」と話した。

 FRBは今月、量的緩和政策で買い上げた米国債などの資産の縮小を決めたものの、追加利上げは見送った。FRBは年内あと1回の利上げを想定しており、市場では12月に利上げに踏み切るとの見方が多い。(ワシントン=五十嵐大介

こんなニュースも