[PR]

 27日午前7時50分ごろ、羽田空港で、松山行きの日本航空431便(ボーイング737―800型、乗客乗員122人)が離陸のため滑走路に入った際、近くにいた別の航空機から管制官に「右エンジンに炎が見えた」と連絡があった。日航機は離陸を中止した。

 国土交通省東京空港事務所や日航によると、日航機は離陸滑走に入る前だったため、すぐに駐機場へ戻った。他の便への影響はなかった。乗客は別の機体に乗り換えて松山へ向かった。日航がエンジンを調べたが、燃えた跡や不具合は見つからなかったという。(伊藤嘉孝)