[PR]

 新党「希望の党」は27日、東京都内のホテルで結党の記者会見を開いた。代表の小池百合子・東京都知事は「日本をリセットするために希望の党を立ち上げる。しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく」と表明。「寛容な改革保守政党を目指す」などとした党の綱領を発表した。

 記者会見には、これまで結党準備を進めてきた小池氏に近い若狭勝衆院議員や民進党を離党した細野豪志衆院議員など14人の衆参議員が出席。小池氏は冒頭、「今、この時期に日本をリセットしなければ、国際間競争、日本の安全保障などを十分、守り切れない」と強調した。

 安倍晋三首相の衆院解散表明について、小池氏は「東アジア情勢がきわめて厳しいなか、政治的空白が良いはずはない」と改めて批判。「(衆院選は)改革のチャンスだ。国民の声をしっかり受け止める」と述べた。衆院選後に行われる首相指名選挙への対応については、選挙後に判断する考えを示し、「あくまでも都知事として、この戦いに臨んでいく」と述べた。

 綱領では、①寛容な改革保守政党を目指す②「しがらみ政治」から脱却③国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築く④平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開⑤ワイズスペンディング(税金の有効活用)の徹底⑥国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現――と六つの柱を掲げた。

 希望の党は今後、衆院選の公約づくりの一方、候補者の擁立作業を急ぐ。

希望の党の綱領

 我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

 ①我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す

 ②国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する

 ③国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする

 ④平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する

 ⑤ワイズスペンディング(税金の有効活用)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す

 ⑥国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する