[PR]

 福岡県内のマンション管理室で2015年、8歳の女児の体を触ったなどとして強制わいせつ罪に問われ、福岡地裁で有罪判決を受けた男性被告(71)の控訴審判決で、福岡高裁(岡田信裁判長)が一審判決を破棄し無罪を言い渡していたことが、弁護士への取材でわかった。判決は13日付。

 男性は、マンションの管理人だった15年9月、1階管理室で女児にわいせつな行為をしたとして逮捕、起訴された。男性は一貫して否認したが、福岡地裁は今年1月、懲役2年6カ月執行猶予3年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。

 地裁判決は「女児が被告の男性を窮地に立たせようとして、母親に虚偽の被害申告をしたことは通常考えられない」などと女児の供述の信用性を認めた。

 控訴審判決は女児の供述について「母親の注意に反して管理室に出入りしたことに後ろめたさを感じ、誇張したとも考えられる。信用性を認めるには合理的な疑いが残る」と判断した。